Material information
【タイトル】
理性の使用 ひとはいかにして市民となるのか
【著者名等】
富永茂樹/〔著〕  ≪再検索≫
【出版】
みすず書房 2005.1
【大きさ等】
20cm 254,10p
【NDC分類】
311.235
【件名】
政治思想−フランス−歴史−近代  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0205004980
【著者等紹介】
1950年滋賀県生まれ。京都大学人文科学研究所教授、知識社会学。著書「健康論序説」「都市の憂鬱」「ミュージアムと出会う」他。編著「資料権利の宣言−1789」「文化社会学への招待」他。訳書フュレ オズーフ編「フランス革命事典」、ゴーシェ「代表制の政治哲学」他。
【注記】
文献あり
【要旨】
人間の声はもはや社会のなかで聞こえなくなったのか。18世紀後半における社交の衰退と革命期の議論の悪夢に、近代以降の世界に生きるわれわれの困難を読む。
【目次】
序章 啓蒙の困難―主体、社会化、コミュニケイション;第1章 バスティーユからビセートルへ―ひとはいかにして市民となるのか(自由の身体、自由の空間;解放(封印令状の廃止;ピネル神話の形成);なにものかになること…、すべてを知ること…);第2章 中間集団の声と沈黙―一七九一年春‐秋(不信と敵意(その萌芽;その成長;その完成);国家主義的個人主義;失われた世界、実現しなかった社会;不信と敵意(その後));第3章 会話と議論―一八世紀後半のフランスにおける社交の衰退(議論の悪夢;会話の楽しみ;類似と差異/連続と断絶);終章 読む機械―近代的主体の行方について
【ISBN】
4-622-07130-4

Holding information 1records
1record-1record
2033872707
中央
311.2 / 

書架
4階(社会科学)

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP