Material information
【タイトル】
少子化の社会経済学
【シリーズ名】
人口学ライブラリー  ≪再検索≫
【著者名等】
大淵寛/編著  ≪再検索≫
【著者名等】
兼清弘之/編著  ≪再検索≫
【出版】
原書房 2005.4
【大きさ等】
22cm 218p
【NDC分類】
334.31
【件名】
日本−人口  ≪再検索≫
【件名】
出生率  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0205022775
【著者等紹介】
【大淵】1936年東京都生まれ。中央大学経済学部教授。主著「人口過程の経済分析」「経済人口学」「出生力の経済学」「少子化時代の日本経済」「少子化の人口学」。
【著者等紹介】
【兼清】1935年山口県生まれ。明治大学政治経済学部教授。主著「新しい社会政策」「人口変動と家族」。
【注記】
索引あり
【要旨】
本書は7つの章と付論から構成されている。本書のねらいは少子化が引き起こす諸問題を明らかにすること、端的にいえば少子化はなぜ問題なのかを論ずる。
【目次】
第1章 21世紀日本の少子化と人口動向;第2章 少子化と労働市場の変貌;第3章 消費・投資に及ぼす少子化の影響;第4章 少子高齢化と年金制度―世代間不公平と就業行動;第5章 少子化時代の教育と家族形成;第6章 少子化に伴う地域社会の諸問題;第7章 人口静止社会の持続可能性;付論 独身者の結婚観と夫婦の出生力―少子化に関する地方自治体調査の分析
【ISBN】
4-562-09102-9

Holding information 1records
1record-1record
2034168027
中央
334.3 / 

書架
4階(社会科学)

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP