Material information
【タイトル】
アイゼンシュタインとクロネッカーによる楕円関数論
【シリーズ名】
シュプリンガー数学クラシックス  ≪再検索≫
【著者名等】
A.ヴェイユ/著  ≪再検索≫
【著者名等】
金子昌信/訳  ≪再検索≫
【出版】
シュプリンガー・フェアラーク東京 2005.9
【大きさ等】
22cm 122p
【NDC分類】
413.57
【件名】
楕円関数  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0205066515
【注記】
索引あり Elliptic functions according to Eisenstein and Kronecker./の翻訳
【要旨】
本書は、アンドレ・ヴェイユがプリンストンの高等研究所で行なった講義をもとに書き下ろした、楕円関数論の解説書である。第1部でヴェイユは、まず無限級数を基礎にした代数的なアイゼンシュタインの導入方法を出発点とし、そこから、古典的な楕円関数論に現れる諸公式を導き、ダムレルの定理へと筆を進めていく。さらに第2部では、クロネッカーの極限公式を中心にクロネッカーの仕事を解説し、最後は数論への応用、実二次体の単数に関する公式、チャウラーセルバーグの公式を紹介している。
【目次】
第1部 アイゼンシュタイン(三角関数;基本となる楕円関数;基本関係式と無限積;変奏);第2部 クロネッカー(クロネッカーへの前奏曲;クロネッカーの二重級数;終楽章―アレグロ・コン・ブリオ)
【ISBN】
4-431-71169-4

Holding information 1records
1record-1record
2035193246
中央
413.5 /301 

書架
書庫(自然科学中央)

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP