Material information
【タイトル】
メルロ=ポンティ 哲学者は詩人でありうるか?
【シリーズ名】
シリーズ・哲学のエッセンス  ≪再検索≫
【著者名等】
熊野純彦/著  ≪再検索≫
【出版】
日本放送出版協会 2005.9
【大きさ等】
19cm 118p
【NDC分類】
135.5
【個人件名】
メルロー・ポンティ モーリス  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0205070374
【著者等紹介】
1958年横須賀市生まれ。東京大学文学部卒。同大学院博士課程単位取得退学。現在、東京大学文学部助教授。専門は倫理学、哲学史。主な著書に「戦後思想の一断面」「差異と隔たり」「カント」「ヘーゲル」「レヴィナス」「レヴィナス入門」ほか。
【注記】
文献あり 年譜あり
【要旨】
世界をめぐる経験をことばに紡ぎ出す。意味が分泌される現場に立ちあい、その現場をとらえようとすることで哲学者は詩人の辛苦をも引き受ける。
【目次】
序章 哲学者は詩人でなければならないか?(詩のことば、哲学のことば;詩という問い、哲学という問い ほか);第1章 経験に立ちもどること(単純な「感覚」なるものは存在するか?;単純な「所与」もすでに意味をもっている ほか);第2章 身体へ立ちかえること(「見ること」と「私の身体」;「もの」としての身体、「現象」としての身体 ほか);第3章 世界を取りもどすこと(病理現象が意味しているもの;シュナイダー症例をめぐって ほか);終章 哲学者は詩人でありえたか?(回顧と回帰;反省の困難 ほか)
【ISBN】
4-14-009325-0

Holding information 7records
1record-5record
2035953275

135 / 

書架
公開

2035138830
港南
135 / 

書架
公開

2035953801

135 / 

書架
公開

2035223889
磯子
135 / 

書架
公開

2035223870
都筑
135 / 

書架
公開

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP