Material information
【タイトル】
詳説 ディジタル・アナログ通信システム 応用編
【著者名等】
ラシィ/著  ≪再検索≫
【著者名等】
外山昇/監訳  ≪再検索≫
【著者名等】
伊藤泰宏/〔ほか〕訳  ≪再検索≫
【出版】
丸善 2005.9
【大きさ等】
21cm p544〜966,23p
【NDC分類】
547
【件名】
電気通信  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0205071702
【著者等紹介】
【外山】1966年東京大学工学部卒、日本放送協会勤務。98年電気通信大学教授。現在、同国際交流推進センター教授。
【注記】
文献あり 索引あり Modern digital and analog communication systems.3rd ed./の翻訳
【要旨】
本書は、基礎編・応用編で一対をなし、理工系大学2〜4年生を対象に書かれた通信工学の基礎を網羅した米国で定評のある教科書の翻訳であるが、通信関係の実務に携わる研究者・技術者が通信の基礎理論を身につけるためにも有用。また通信に関する分野を網羅してあるので、通信分野関係の専門用語の辞書としても役立つ。大学1、2年生で学ぶ基礎数学を用いて様々な現象の説明や式の導出を詳細に説明しているので、読者はいつのまにか第一線の研究者、技術者に要求される通信の基礎を習得できる。各章末には豊富な問題があり、授業や独学者の便宜がはかられている。解答はWeb上に公開。
【目次】
10章 確率論入門;11章 確率過程;12章 雑音がある場合のアナログ通信法式のふるまい;13章 雑音がある場合のディジタル通信システムのふるまい;14章 最適信号検出;15章 情報理論入門;16章 誤り訂正符号;付録
【ISBN】
4-621-07635-3

Holding information 1records
1record-1record
2035214324
中央
547 /172 

書架
書庫(自然科学中央)

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP