Material information
【タイトル】
読書三到 新時代の「読む・引く・考える」
【著者名等】
紀田順一郎/著  ≪再検索≫
【出版】
松籟社 2005.10
【大きさ等】
20cm 227,10p
【NDC分類】
019.04
【件名】
読書  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0205073718
【著者等紹介】
1935年横浜市生まれ。慶應義塾大学経済学部卒。評論家作家。書物論、情報論、近代史などを専門として評論活動を行うほか、創作も手がける。
【注記】
文献あり 索引あり
【注記】
著者は、第5回(平成11年)横浜文学賞受賞者
【要旨】
読書文化を本質から考える。出版市場の低迷、若い世代の活字離れ、図書館行政の後退…読書文化をめぐって、さまざまな問題が指摘されている。しかしこのようなときにこそ、読書というものの本質、出版のあり方、図書館の意義といった重要な事柄に思いをいたすべきであろう。読者、著者、出版社、図書館人、教育者など、それぞれ異なる立場からの意見もあろうが、大局に立った価値観を共有できたらと願う。
【目次】
序章 「読む」文化と「引く」文化;第1章 図書館―読書文化を維持するために(現代図書館の視座―東京都の図書館再編計画を批判する;図書館の歴史 ほか);第2章 「読む」文化の危機(「朝の読書」の社会的な意義;ことばを知らない世代 ほか);第3章 日本における「引く」文化(辞書と索引の歴史;「辞書の鬼」がつくった国語辞典第一号;索引の文化史的背景について;当世名付け事情;代々木を「ダイダイギ」と読んだ話);第4章 情報化時代の「読む」文化・「引く」文化・「書く」文化(文字コード問題と国語国字問題;日本語の歴史と現実に根ざして―初期ATOK委員会の思い出;インターネットと記憶術;電子出版の伯楽;インターネットと古典;インターネットと知的生産)
【ISBN】
4-87984-236-2

Holding information 1records
1record-1record
2035242824
中央
019.0 / 

書架
3階(一般調査)

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP