Material information
【タイトル】
都市の視線 日本の写真1920−30年代
【版情報】
増補
【シリーズ名】
平凡社ライブラリー  ≪再検索≫
【著者名等】
飯沢耕太郎/著  ≪再検索≫
【出版】
平凡社 2005.10
【大きさ等】
16cm 323p
【NDC分類】
740.21
【件名】
写真−日本−歴史  ≪再検索≫
【件名】
写真家−日本  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0205073953
【著者等紹介】
1954年宮城県生まれ。日本大学芸術学部卒業後、筑波大学大学院芸術学研究科博士課程修了。写真評論家。
【注記】
文献あり 年表あり 初版:創元社1989年刊
【要旨】
関東大震災と第二次大戦のはざま、ほんの一瞬だけ花開き、消えていった日本の前衛写真家たちの知られざる足跡を追った伝記・作品論。日本アバンギャルド写真史へのガイドブック。新たな論考を加えた決定版。
【目次】
1 都市の視線―モダニズムとしての新興写真;2 写真家たちの軌跡(野島康三―日本近代写真の確立者;福原信三―「光と其諧調」のロマンティシズム;淵上白陽―「構成派」の冒険 『白陽』とその時代;福森白洋―“アマチュアの時代”を駆け抜けた写真家 ほか);3 補論(野島康三の“肖像”;「美しい光の流るる処」―福原信三と福原路草;写真のユートピア―淵上白陽と満洲写真作家協会;安井仲治のリアリティ)
【ISBN】
4-582-76555-6

Holding information 2records
1record-2record
2035247567
中央
740.2 / 

書架
5階(人文科学)

2035216769
戸塚
740 / 

書架
公開

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP