Material information
【タイトル】
寺社縁起の文化学
【著者名等】
堤邦彦/編  ≪再検索≫
【著者名等】
徳田和夫/編  ≪再検索≫
【出版】
森話社 2005.11
【大きさ等】
22cm 366p
【NDC分類】
185.91
【NDC分類】
175.9
【件名】
寺院−縁起  ≪再検索≫
【件名】
神社−縁起  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0205089053
【著者等紹介】
【堤】1953年生まれ。京都精華大学教授。近世日本文学・説話研究。「近世仏教説話の研究−唱導と文芸」「江戸の怪異譚−地下水脈の系譜」。
【著者等紹介】
【徳田】1948年生まれ。学習院女子大学教授。中世日本文学・お伽草子・絵巻・民間説話・比較文化論。「お伽草子研究」「絵語りと物語り」。
【要旨】
あらゆる「縁起的なるもの」を捕捉し、系統解剖学のごとく体系化することで、縁起研究を宗教研究の補助手段から解放し、文化学の要部へと位置づける。
【目次】
1 寺社縁起の生成と展開;2 変容する寺社縁起;3 縁起の機能―鎮魂と救済;4 女性文化圏と縁起;5 演じられる縁起・道具としての縁起;シンポジウム 「縁起学」の可能性
【ISBN】
4-916087-59-3

Holding information 1records
1record-1record
2035517777
中央
185.9 / 

書架
5階(人文科学)

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP