Material information
【タイトル】
不勉強が身にしみる 学力・思考力・社会力とは何か
【シリーズ名】
光文社新書  ≪再検索≫
【著者名等】
長山靖生/著  ≪再検索≫
【出版】
光文社 2005.12
【大きさ等】
18cm 240p
【NDC分類】
370.4
【件名】
教育  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0205091733
【著者等紹介】
1962年茨城県生まれ。鶴見大学歯学部卒。評論家。歯科医の傍ら、文芸評論、家族や若者の問題などに関して執筆活動を行う。96年「偽史冒険世界」で第10回大衆文学研究賞を受賞。
【注記】
文献あり
【要旨】
四〇歳を過ぎた。親として子に何かを教えようとしたとき、ふと、自分の生きざまを問われ、恥じ入りたい気持ちになる。子供に読んでやる文章が、自分自身の身にしみる。この年になってやっと、本当の勉強の意味に気付いた気がする―。学力低下不安から、子供にお勉強をさせることは、一種のブームと言える盛り上がりを見せている。しかし現在の日本人の不勉強ぶりは、子供にお勉強をさせればいいというレベルをとうに超えている。自戒を込めて言えば、すでに大人からしてダメである。本書は、凡庸な親が自分も勉強しなくてはならないと考え、しかし何をどうやって学ぶべきか、そもそも勉強とは何だっけ、といった事柄を、国語・倫理・歴史・自然科学といった広い分野にわたって思い悩むドキュメントである。
【目次】
序章 不勉強社会ニッポンの現実;第1章 そのお勉強でいいの?;第2章 読書のすすめ、もしくは戒め;第3章 倫理は教えられるか、学べるか;第4章 「正しい歴史」は存在するか;第5章 自然科学と論理的思考力;第6章 「好きなら伸びる」は本当か
【ISBN】
4-334-03333-4

Holding information 2records
1record-2record
2036101060
中央
370.4 / 

書架
4階(社会科学)

2053708628
金沢
370 / 

書架
公開

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP