Material information
【タイトル】
視覚のアメリカン・ルネサンス
【著者名等】
武藤脩二/編著  ≪再検索≫
【著者名等】
入子文子/編著  ≪再検索≫
【出版】
世界思想社 2006.3
【大きさ等】
20cm 272,14p
【NDC分類】
930.29
【件名】
アメリカ文学−歴史  ≪再検索≫
【件名】
美術と文学  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0206010599
【著者等紹介】
【武藤】1936年生まれ。東京外国語大学英米科卒。東京都立大学大学院人文科学研究科博士課程単位取得満期退学。現在、中央大学文学部教授。著書「アメリカ文学と祝祭」「一九二〇年代アメリカ文学−漂流の軌跡」「印象と効果−アメリカ文学の水脈」。
【著者等紹介】
【入子】1942年生まれ。お茶の水女子大学英文科卒。甲南大学大学院文学研究科修士課程修了。現在、関西大学文学部教授。
【注記】
索引あり
【要旨】
イギリスをはじめ広くヨーロッパの伝統をふまえながら、ポーからウォートンに至るアメリカン・ルネサンス期ならびにその前後の時代の作家たちと、建築・絵画・紋章・演劇など広義の視覚芸術との関係をさぐる。
【目次】
第1部 ヨーロッパ・ルネサンスの伝統とアメリカ文学(小さな赤い手―「あざ」の図像学;挿絵は誰に何を見せるか―ホーソーン『おじいさんの椅子の全歴史』の場合;リチャード三世の身体とアメリカン・ルネサンス);第2部 アメリカン・ルネサンスの時代(超絶時代のフィルム・ノワール―エミリー・ディキンスンの形見函;ポーと新たなサブライムの意匠―ナイアガラ・スペクタクルから暗黒の海へ;エマソン的「視」の問題―『自然』(一八三六年)再読;ホーソーンとコール―モラル・ピクチャレスクな風景;ことばの画家ホーソーン―視覚芸術との出会いと展開;メルヴィルの美学と変遷);第3部 ポスト・アメリカン・ルネサンスの時代(劇作家ヘンリー・ジェイムズ;視覚文化のモダニズム―ヘンリー・ジェイムズにみる写真と言語テクストの邂逅;マーク・トウェインの旅行記と絵画―『赤毛布外遊記』におけるヨーロッパと「オリエント」;月夜と黄昏のコロセウム―ポーからウォートンまで)
【ISBN】
4-7907-1160-9

Holding information 1records
1record-1record
2036029547
中央
930.2 / 

書架
5階(人文科学)

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP