Material information
【タイトル】
核の軛 英国はなぜ核燃料再処理から逃れられなかったのか
【著者名等】
ウィリアム・ウォーカー/著  ≪再検索≫
【著者名等】
鈴木真奈美/訳  ≪再検索≫
【出版】
七つ森書館 2006.2
【大きさ等】
19cm 287p
【NDC分類】
539.48
【件名】
核燃料再処理  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0206013782
【著者等紹介】
【ウォーカー】英国・サセックス大学科学政策研究ユニット研究部長を経て、現在、セント・アンドリューズ大学国際関係学部長。軍事用・民生用核政策、核拡散防止政策、エネルギー政策などについての著書、論文多数。
【著者等紹介】
【鈴木】英語・中国語の翻訳・通訳者。共訳書に「放射線の人体への影響」、著書に「プルトニウム=不良債権」などがある。
【注記】
文献あり 年表あり Nuclear entrapment./の翻訳
【要旨】
大金をかけて厄介者のプルトニウムを取り出す再処理事業。英国は内外の反対を押し切って事業をスタートさせた。事故、汚染、廃棄物、経営破綻、核拡散…。六ヶ所再処理プロジェクトに10兆円を超える金を注ぎ込む日本。私たちは英国の轍を踏むのか。
【目次】
1 はじめに;2 THORPの端緒―六〇年代から八〇年代まで;3 外国との関係―ドイツ、日本、米国、フランス;4 英国の国内事情;5 THORPの認可をめぐる紛糾;6 政府内評価;7 THORP反対運動の蹉跌;8 終盤戦―国会、認可、そして司法審査;9 最終幕―一九九四年から一九九九年;10 悪弊、原因、改善;11 THORPの行く末
【ISBN】
4-8228-0616-2

Holding information 1records
1record-1record
2036097747
中央
539.4 / 

書架
4階(自然科学)

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP