Material information
【タイトル】
日本宗教史
【シリーズ名】
岩波新書  ≪再検索≫
【著者名等】
末木文美士/著  ≪再検索≫
【出版】
岩波書店 2006.4
【大きさ等】
18cm 242,6p
【NDC分類】
162.1
【件名】
宗教−日本−歴史  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0206030790
【著者等紹介】
1949年山梨県生まれ。東京大学大学院博士課程修了。現在、東京大学教授。専攻、仏教学・日本思想史。
【注記】
文献あり 索引あり
【要旨】
『記・紀』にみる神々の記述には仏教が影を落とし、中世には神仏習合から独特な神話が生まれる。近世におけるキリスト教との出会い、国家と個の葛藤する近代を経て、現代新宗教の出現に至るまでを、精神の“古層”が形成され、「発見」されるダイナミックな過程としてとらえ、世俗倫理、権力との関係をも視野に入れた、大胆な通史の試み。
【目次】
1 仏教の浸透と神々―古代(神々の世界;神と仏 ほか);2 神仏論の展開―中世(鎌倉仏教の世界;神仏と中世の精神 ほか);3 世俗と宗教―近世(キリシタンと権力者崇拝;世俗の中の宗教 ほか);4 近代化と宗教―近代(国家神道と諸宗教;宗教と社会 ほか)
【ISBN】
4-00-431003-2

Holding information 9records
1record-5record
2036401128
中央
162.1 / 

書架
5階(人文科学)

2058012478
神奈川
162 / 

書架
公開

2036429642

162 / 

書架
公開

2036507619
港南
162 / 

書架
公開

2036459290
磯子
162 / 

書架
公開

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP