Material information
【タイトル】
「和の仕事」で働く
【シリーズ名】
なるにはbooks  ≪再検索≫
【著者名等】
籏智優子/著  ≪再検索≫
【出版】
ぺりかん社 2006.8
【大きさ等】
19cm 171p
【NDC分類】
509.21
【件名】
伝統的工芸品産業−日本  ≪再検索≫
【件名】
職人−日本  ≪再検索≫
【件名】
芸能−日本  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0206054048
【著者等紹介】
1969年生まれ。明治学院大学社会学部卒。雑誌編集者を経て、96年よりフリーランスライターに。現在は経済誌を中心に寄稿している。著書に「販売員になるには」「カフェをはじめてみませんか?」。
【注記】
文献あり
【要旨】
現在の私たちは、洋服を着て、洋食を食べ、洋風の住居で暮らしています。しかし、百年程前までは皆、着物を着て、和食を食べ、畳の上で寝起きしていました。日本の長い歴史から見ると、洋風の生活様式はごくわずかな期間なのです。和菓子職人や畳職人、和裁士など、日本の文化を支え、伝統を守る仕事はたくさんあります。本書では、そのような職人や芸事にたずさわる10の仕事を紹介します。
【目次】
1章 衣食住にかかわる和の仕事(「和」にかかわる仕事とは?;和菓子職人 四季の移ろいを美しくかたどる手仕事―石塚佐知子さん・銀座菊廼舎;畳職人 畳の心地よさを多くの人に伝えるために―熊木義幸さん・熊木畳本店;表具師 技術を駆使して、芸術作品をつぎの世代へ―垂水彰さん・湯山春峰堂;指物師 伝統の技術を守り、木の「声」を聞く―戸田敏夫さん;手すき和紙職人 ぬくもりあふれる1枚の和紙に、もてる力を注ぎこんで―内村久子さん;和裁士 みごとな手さばきで、伝統美を仕立て上げる―小林直美さん・藤屋和裁所;まだまだある和の仕事―衣食住編);2章 「遊」にかかわる和の仕事(花火師 育てましょう、咲かせましょう。夜空に輝く大輪の花―峰周平さん・ホソヤエンタープライズ;ガラス風鈴職人 灼熱の窯場から生みだされる涼やかな音色―篠原裕さん・篠原風鈴本舗;舞妓 伝統の芸と愛らしさでお客さんをもてなす―佳つ文さん・小田本;和楽器奏者・三味線 日本古来の楽器の魅力を、幅広い層に伝えるために―工藤哲子さん;まだまだある和の仕事―遊編)
【ISBN】
4-8315-1143-9

Holding information 4records
1record-4record
2037208240
中央
366.2 / 

書架
1階(ポピュラー)ティーンズ

2037207708

509 / 

書架
公開

2037184414
戸塚
509 / 

書架
公開

2037230556

509 / 

書架
公開

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP