Material information
【タイトル】
ハンナ・アレントの政治理論 人間的な政治を求めて
【著者名等】
寺島俊穂/著  ≪再検索≫
【出版】
ミネルヴァ書房 2006.8
【大きさ等】
22cm 274,6p
【NDC分類】
311.234
【個人件名】
アーレント ハナ  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0206057226
【著者等紹介】
1950年東京都生まれ。73年慶應義塾大学法学部卒。78年慶應義塾大学大学院法学研究科博士課程修了。現在、関西大学法学部教授。専門:西欧政治思想史、政治哲学。
【注記】
文献あり 索引あり
【要旨】
常に政治理念との格闘の中で形成されたハンナ・アレントの政治思想の根幹とは何か。彼女の伝記的事実と思想とのつながりを照射し、政治理論形成の過程を詳細に追う。
【目次】
第1章 政治と人間についての考察;第2章 政治思想の形成過程;第3章 国民国家と人権についての省察;第4章 哲学と政治理論の間;第5章 ハインリヒ・ブリュヒャーとの思想的関係;第6章 共和主義的伝統の再生;第7章 人間的な政治の概念;第8章 市民活動の政治理論
【ISBN】
4-623-04673-7

Holding information 1records
1record-1record
2037268677
中央
311.2 / 

書架
4階(社会科学)

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP