Material information
【タイトル】
選挙協力と無党派
【著者名等】
河崎曽一郎/著  ≪再検索≫
【出版】
日本放送出版協会 2007.1
【大きさ等】
19cm 254p
【NDC分類】
314.8
【件名】
選挙−日本−歴史  ≪再検索≫
【件名】
日本−政治・行政−歴史−昭和時代(1945年以後)  ≪再検索≫
【件名】
政治意識  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0207004093
【著者等紹介】
1936年京都市生まれ。60年NHKに入る。69年より報道局の政治記者として主に選挙を担当。政治部長、解説委員、解説主幹等を経て、93年定年退職。2001年までNHKの専門委員、部外解説委員として選挙、世論調査、政治を担当。現在はフリーの政治ジャーナリスト。
【注記】
文献あり
【要旨】
定数2から6だった中選挙区制度は自民党などに派閥政治を誕生させ、やがてそれが金権腐敗をもたらし、多くの政治家が金銭スキャンダルで斃れた。その反省から導入された小選挙区比例代表並立制度。この制度のもとで今、大きなカギとなっているのが「選挙協力」と「無党派」の動向である。選挙取材40年のベテラン記者がデータを駆使して現状を読み解き、参院選を展望する。
【目次】
序章 旧田中派から旧福田派へ;第1章 選挙協力への胎動;第2章 自公選挙協力;第3章 参院選での選挙協力;第4章 無党派層とは何か;第5章 無党派拡大;第6章 無党派の特徴;第7章 投票と無党派;第8章 無党派つかんだ小泉氏;終章 小泉政治
【ISBN】
978-4-14-081162-7 4-14-081162-5

Holding information 5records
1record-5record
2038078545
中央
314.8 / 

書架
4階(社会科学)

2038014610
磯子
314 / 

書架
公開

2038056541
港北
314 / 

書架
公開

2038014598

314 / 

書架
公開

2038014628
都筑
314 / 

書架
公開

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP