Material information
【タイトル】
イタリア・ルネサンスの文化
【著者名等】
ヤーコプ・ブルクハルト/著  ≪再検索≫
【著者名等】
新井靖一/訳  ≪再検索≫
【出版】
筑摩書房 2007.2
【大きさ等】
22cm 680,17p
【NDC分類】
237.05
【件名】
イタリア−歴史  ≪再検索≫
【件名】
ルネサンス  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0207011782
【著者等紹介】
【ブルクハルト】1818〜97年。ベルリン大学で、歴史家ランケと美術史家クーグラーに学ぶ。58年から35年にわたってバーゼル大学教授として歴史学と美術史を講じる。スイスの美術史家・文化史家。
【著者等紹介】
【新井】1929年生まれ。早稲田大学名誉教授。専攻:ドイツ文学。訳書に、ブルクハルト「ギリシア文化史」「ブルクハルト文化史講演集」「コンスタンティヌス大帝の時代」などがある。
【注記】
文献あり 年表あり 索引あり Die Kultur der Renaissance in Italien./の翻訳
【要旨】
精緻な構築体としての国家(der Staat als Kunstwerk)の成立、陰謀、同盟、裏切り、買収、そして冷徹な打算に基づく外交政策。ルネサンス期のイタリアを舞台に、近代的な文化と社会の出現をスリリングに活写した畢生の大著。
【目次】
第1章 精緻な構築体としての国家;第2章 個人の発展;第3章 古代の復活;第4章 世界と人間の発見;第5章 社交と祝祭;第6章 習俗と宗教;付録
【ISBN】
978-4-480-86117-7 4-480-86117-3

Holding information 2records
1record-2record
2038272422
中央
237.0 /22 

書架
書庫(人文科学中央)

2065274240
金沢
237 / 

貸出中
公開

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP