Material information
【タイトル】
モノと子どもの戦後史
【著者名等】
天野正子/著  ≪再検索≫
【著者名等】
石谷二郎/著  ≪再検索≫
【著者名等】
木村涼子/著  ≪再検索≫
【出版】
吉川弘文館 2007.3
【大きさ等】
20cm 296p
【NDC分類】
367.6
【件名】
児童−日本−歴史−昭和時代(1945年以後)  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0207012429
【著者等紹介】
【天野】1938年広島県生まれ。73年東京教育大学大学院博士課程中退。現在東京女学館大学教授。主要著書「「つきあい」の戦後史−サークル・ネットワークの拓く地平」「「生活者」とはだれか−自律的市民の系譜」。
【著者等紹介】
【石谷】1949年兵庫県生まれ。74年東京教育大学大学院主旨課程修了。現在フリーライター。主要著書「家族論の現在」「新版・哲学論利用語辞典」。
【注記】
文献あり
【要旨】
戦後、子どもの環境は激変した。オムツは使い捨て、母乳は粉ミルクへ。給食は豪華メニューとなり、校舎は広々と。学習机は機能的に、制服もスタイリッシュになり、マンガやおやつがあふれる。子どもの今を捉え直す。
【目次】
1 子どもの身体をつつむ容れモノ(オムツ―生と死の間際の必需品;校舎―子どもの居場所 ほか);2 子どもと大人の関係を紡ぐモノ(育児書―「親と社会」を映す鏡;制服―身体をつつむ意味 ほか);3 子ども期を彩るモノ(写真―「子ども時代」を記録するモノ;わらべ唄―子どもが口ずさむモノ ほか);4 子どもの身体をつくるモノ(母乳とミルク―赤ん坊の食べモノ;回虫―身体のなかの生きモノ ほか)
【ISBN】
978-4-642-07971-6 4-642-07971-8

Holding information 4records
1record-4record
2038280352
中央
367.6 / 

貸出中
4階(社会科学)

2038634898
保土谷
367.6 / 

書架
公開

2038412828
磯子
367.6 / 

書架
公開

2038520051
都筑
367.6 / 

書架
公開

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP