Material information
【タイトル】
ルーマン・システム理論何が問題なのか システム理性批判
【著者名等】
ギュンター・シュルテ/著  ≪再検索≫
【著者名等】
青山治城/訳  ≪再検索≫
【出版】
新泉社 2007.3
【大きさ等】
22cm 331,17p
【NDC分類】
361
【件名】
社会学  ≪再検索≫
【個人件名】
ルーマン ニクラス  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0207014543
【注記】
文献あり Der blinde Fleck in Luhmanns Systemtheorie./の翻訳
【目次】
第1部 盲目飛行(実在性テスト;マリオットの実験;脳の働き;認識論的オデッセイ;悪魔的コミュニケーション);第2部 世界の毀損(生まれ変わりのサイバネティクス;毀損の論理;神の証明;パラドクスの論理;エピメニデス);第3部 悪しき視線(大王ねずみ;沐浴するバテシバ;オイディプス;ゴルゴン;悪魔(Teufel))
【ISBN】
978-4-7877-0615-7 4-7877-0615-2

Holding information 1records
1record-1record
2038311509
中央
361 / 

書架
4階(社会科学)

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP