Material information
【タイトル】
動物たちのゆたかな心
【シリーズ名】
学術選書  ≪再検索≫ 心の宇宙
【著者名等】
藤田和生/著  ≪再検索≫
【出版】
京都大学学術出版会 2007.4
【大きさ等】
19cm 181p
【NDC分類】
481.78
【件名】
動物心理学  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0207025767
【著者等紹介】
1953年大阪市生まれ。76年京都大学理学部卒。82年同大学院理学研究科博士後期課程修了。日本学術振興会奨励研究員などを経て、87年より京都大学霊長類研究所助手、93年同助教授、96年京都大学大学院文学研究科助教授を経て、99年より京都大学大学院文学研究科教授。
【注記】
文献あり 索引あり
【要旨】
イヌやネコと「心が通じている」と感じたことのある人は多いに違いない。しかし、「心」という言葉はあまりにも身近で、さまざまな使われ方をするので、「心とは何か」を明確に定義することはほとんど不可能である。それでも、人間に心があることを疑う人はいない。ではほかの動物たちはどうだろう?かれらの心はヒトの心とどう似ており、どう違うのか?人間とは「違った世界」をみている動物たちの心の多様性と普遍性に迫る。人間中心主義から「心の相対論」へ。
【目次】
第1章 動物たちから見える世界(動物たちの色の認識;形の認識);第2章 「モノ」を扱う―物理的知性(迷子にならないために―ナビゲーション;頭を使って推理する―推論 ほか);第3章 欺く、協力する―社会的知性(ヒトはなぜ賢くなったか―社会的知性仮説;他者をだまして得をする―競合的な社会的知性 ほか);第4章 意識と内省(これで合ってるかな?―確信のなさの認知;憶えていたかな?―メタ記憶 ほか)
【ISBN】
978-4-87698-822-8 4-87698-822-6

Holding information 1records
1record-1record
2038475668
中央
481.7 / 

書架
4階(自然科学)

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP