Material information
【タイトル】
多自然型川づくりを越えて
【著者名等】
吉川勝秀/編著  ≪再検索≫
【著者名等】
妹尾優二/著  ≪再検索≫
【著者名等】
吉村伸一/著  ≪再検索≫
【出版】
学芸出版社 2007.4
【大きさ等】
21cm 286p
【NDC分類】
517
【件名】
河川工学  ≪再検索≫
【件名】
環境保全  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0207031865
【著者等紹介】
【吉川】国土交通省国土技術政策総合研究所環境研究部長等を経て退職。慶應義塾大学大学院教授および、リバーフロント整備センター部長兼任を経て現在、日本大学教授。慶應義塾大学大学院教授。京都大学客員教授。中央大学大学院等講師。川での福祉・医療・教育研究所代表。
【著者等紹介】
【妹尾】1951年北海道生まれ。70年現(株)ドーコン入社、91年(株)エコテック設立、93年流域生態研究設立、現在、流域生態研究所所長、(株)エコテック代表取締役。水環境北海道副理事長。田園生態系保全機構理事。全国水環境交流会理事。北海道工業大学非常勤講師。
【要旨】
全国の実践と、生態系、空間、都市・地域の視点からとく、これからの川づくり、課題と展望。
【目次】
第1章 多自然型川づくりをめぐる経過と展望(川づくり、河川整備の経過;従来の川づくり、河川整備の基本事項;従来の多自然型川づくりの基本事項;多自然型川づくりの問題点と今後の展望);第2章 多自然型川づくりを越えて 自然河川工学からの展開(川の構造と河川生物の関係;多自然型川づくりの生態学的な問題点;自然河川工学論(水の力・水の自由度を考慮した河道計画);自然河川工学の実践;自然河川工学の実践例);第3章 多自然型川づくりを越えて 空間デザインからの展開(いい川とは何か;河川の空間デザイン;川の自然回復と空間デザイン実践例);第4章 多自然型川づくりを越えて 都市・地域、流域圏からの展開(自然的空間としての川の利用と活用―日常化・常設化、教育・福祉・医療での利用;都市・地域の「空間としての川」の再生、利用;渇水、洪水、水質対策;生物のすみ場としての河川;自然と共生する流域圏・都市の再生)
【ISBN】
978-4-7615-3153-9 4-7615-3153-3

Holding information 3records
1record-3record
2038671904
中央
517 / 

書架
4階(自然科学)

2038930373
戸塚
517 / 

書架
公開

2051728494

517 / 

書架
公開郷土資料栄区

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP