Material information
【タイトル】
言語態分析 コミュニケーション的思考の転換
【著者名等】
原宏之/著  ≪再検索≫
【出版】
慶応義塾大学出版会 2007.4
【大きさ等】
20cm 434p
【NDC分類】
801
【件名】
言語学  ≪再検索≫
【件名】
コミュニケーション  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0207036485
【著者等紹介】
1969年生まれ。パリ第10大学人文学科群博士課程中退。日本学術振興会特別研究員、東洋大学等非常勤講師を経て、明治学院大学専任講師。2005年より明治学院大学教養教育センター准教授。専攻は教養および比較思想史。
【注記】
文献あり 索引あり
【要旨】
テレビやインターネット、ケータイなどの普及により変容する「ことば」。「書かれたもの」を中心とするディスクール分析から、映像や音声などのマルチモーダルな情報社会の「ことば」を捉える「言語態分析」の方法論を提唱。
【目次】
序 コミュニケーションの問いとしての言語態分析;第1章 コミュニケーション的思考の転換;第2章 言語学の偉大なる異端を巡って―意味論とダイクシス論の問い;第3章 言語態分析へ―言説編成と発話行為の間;第4章 かたちとしての“リズム”の導入;第5章 映像・文字・会話、マルチモダリティとしてのテレビ番組;第6章 言語態分析の用語集;第7章 言語態のかたち―社会のリズム;第8章 ことばと映像の比較;第9章 言語態分析の例―「小泉劇場」―「ウォーターフロント」;第10章 メディオロジーからフーコーへ;補遺 物語、経験と歴史
【ISBN】
978-4-7664-1368-7 4-7664-1368-7

Holding information 1records
1record-1record
2038678666
中央
801 / 

書架
3階(一般調査)

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP