Material information
【タイトル】
看護の倫理資料集 看護関連倫理規定 綱領 宣言の解説
【版情報】
第2版
【著者名等】
石井トク/編著  ≪再検索≫
【著者名等】
野口恭子/編著  ≪再検索≫
【出版】
丸善 2007.5
【大きさ等】
21cm 432p
【NDC分類】
492.9
【件名】
看護倫理  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0207036882
【著者等紹介】
【石井】横浜市生まれ。法政大学法学部卒。看護師・助産師免許取得。千葉大学看護学部・看護研究科助教授、広島大学医学部・医学系研究科教授、岩手県立大学看護学部・看護学研究科教授を経て、2007年より日本赤十字北海道看護大学学長。看護倫理学・母性看護学の第一人者。
【著者等紹介】
【野口】東京都生まれ。広島大学大学院医学系研究科修士課程修了。千葉大学看護学部卒業後、助産師として6年の臨床経験後、広島大学医学部助手、岩手県立大学看護学部・看護学研究科講師を経て、2007年より岩手県立大学看護学部・看護学研究科准教授。
【注記】
文献あり 年表あり 索引あり
【要旨】
科学や医療技術の進展にともない様々な倫理的諸問題が生じてきた。それによって、医療従事者には、専門的知識・技術だけでなく倫理的態度が強く求められている。そこで、倫理的態度を培う一助として、生命倫理の基盤となる各種倫理綱領・宣言を理解することが重要になる。倫理綱領や宣言には必ず契機となる社会的出来事が存在する。本書では、各種倫理綱領・宣言の史的経緯がわかるよう、分野別・年代順に整理し、解説を加えた。特に第2版では、社会の動向に伴い、「看護者の倫理綱領(2003年日本看護協会)」「助産師の声明(2006年日本助産師会)」「生命倫理と人権に関する宣言(2005年UNESCO)」「医師の職業倫理指針(2004年日本医師会)」「臨床研究に関する倫理指針(2003年厚生労働省)」を追加した。
【目次】
1 看護師の職業倫理;2 医療における人権に関する倫理;3 患者の権利に関する倫理;4 医師の職業倫理;5 コメディカル等の職業倫理;6 倫理に関連するその他の書
【ISBN】
978-4-621-07857-0 4-621-07857-7

Holding information 1records
1record-1record
2038691670
中央
492.9 /1572 

書架
書庫(自然科学中央)

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP