Material information
【タイトル】
論争 グローバリゼーション 新自由主義対社会民主主義
【著者名等】
デヴィッド・ヘルド/編  ≪再検索≫
【著者名等】
猪口孝/訳  ≪再検索≫
【出版】
岩波書店 2007.5
【大きさ等】
20cm 241p
【NDC分類】
319.04
【件名】
国際政治  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0207037417
【著者等紹介】
【ヘルド】ロンドンスクール・オブ・エコノミクスの政治経済学グラハム・ワラス教授。
【著者等紹介】
【猪口】1944年生まれ。74年マサチューセッツ工科大学大学院博士課程修了。国連大学上級副学長、日本国際政治学会理事長などを歴任し、現在、中央大学法学部教授、東京大学名誉教授。Japanese Journal of Political Science編集長。
【注記】
Debating globalization./の翻訳
【要旨】
ワシントン主導の市場原理主義と、アメリカの単独行動主義に対抗し、D・ヘルドは多国間相互の公正な貿易と人間の安全保障に依拠した「グローバル盟約」を提言。それに対し「オープンデモクラシー」サイト・フォーラム上で総勢15名による激しい議論の応酬があった。具体的な施策パッケージを盛り込んだ諸論稿から、欧米圏でのグローバリゼーション論議の布置が明快に浮かび上がる。
【目次】
グローバリゼーション―危険と対処法;楽観主義擁護論―ひとつの回答;国際主義の妄想;グローバリゼーションの限界―ヘルドとウルフに対する問いかけ;もう一方の側からみたグローバリゼーション―デヴィッド・ヘルドの主張に欠落しているもの;社会民主主義は世界の万能薬か?―デヴィッド・ヘルドに関する論評;実行の試金石―主権の世界におけるグローバルな進歩;トップダウンかボトムアップか―その答え;下からのグローバル・ガバナンス;グローバリゼーションの実態調査;グローバリゼーション下における秩序化の三形態;グローバリゼーションに関する論議―二つの新たな提言;グローバル・ガバナンスを機能させる盟;三つの危機と米国のリーダーシップの必要性;危険と対処法とは何か―グローバリゼーションをめぐる対立;付録A バルセロナ開発アジェンダ;付録B 人間の安全保障とは何か
【ISBN】
978-4-00-002591-1 4-00-002591-0

Holding information 1records
1record-1record
2038699140
中央
319.0 /113 

書架
書庫(社会科学中央)

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP