Material information
【タイトル】
知られざる日本の恐竜文化
【シリーズ名】
祥伝社新書  ≪再検索≫
【著者名等】
金子隆一/〔著〕  ≪再検索≫
【出版】
祥伝社 2007.8
【大きさ等】
18cm 273p
【NDC分類】
457.87
【件名】
恐竜  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0207054004
【著者等紹介】
1956年神戸市生まれ。中央大学卒。サイエンスライター。TVの科学番組・イベントの監修などでも活躍し、(有)コンタクト主査、古脊椎動物学会会員。
【注記】
年表あり
【要旨】
恐竜はいつの時代も子供たちに大人気で、毎年のように開催される恐竜展は何十万人、時には一〇〇万人もの観客を動員している。「恐竜ビジネスは、きっとビッグビジネスに違いない!」―しかし、それは傍らから見た虚像にすぎないようだ。恐竜をよく理解せずに恐竜展を主催する大手マスコミ、コスト偏重による粗製濫造本、模倣とパクリが横行する商業イラストレーション、瀕死の恐竜ジャーナリズム…。著者が自らの体験と取材を通して明らかにする恐竜業界は、一般のイメージと乖離した世界だった。恐竜は日本人に本当に理解されているのだろうか。日本の特異な恐竜文化のありようと問題点、恐竜学のあるべき姿を展望する。
【目次】
第1章 経済的側面から見た恐竜文化(恐竜マーケットという幻想;資本主義と相容れない恐竜オタク ほか);第2章 恐竜ブームの虚像と実像(恐竜情報大国・日本;日本人は本当に恐竜を認知しているか? ほか);第3章 恐竜学はオタクの科学(恐竜ファンのヒエラルキー;そもそもオタクとは? ほか);第4章 日本の恐竜文化は、今(突出する日本の恐竜アート「恐竜フィギュア」;恐竜フィギュアの夜明け ほか);第5章 恐竜学はどこへいく(恐竜学はなんの役に立つか;恐竜学と環境論の接点としての「大絶滅」 ほか)
【ISBN】
978-4-396-11080-2 4-396-11080-4

Holding information 2records
1record-2record
2039006807
中央
457.8 / 

書架
4階(自然科学)

2039085162

457 / 

書架
公開

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP