Material information
【タイトル】
宇宙開発の50年 スプートニクからはやぶさまで
【シリーズ名】
朝日選書  ≪再検索≫
【著者名等】
武部俊一/著  ≪再検索≫
【出版】
朝日新聞社 2007.8
【大きさ等】
19cm 282,8p
【NDC分類】
538.9
【件名】
宇宙開発−歴史  ≪再検索≫
【件名】
人工衛星  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0207057976
【著者等紹介】
1938年大阪生まれ。61年東京大学教養学部卒、朝日新聞社入社。科学部長、論説委員を経て、現在フリーのジャーナリスト。日本科学技術ジャーナリスト会議理事。
【注記】
文献あり 索引あり
【要旨】
1957年10月4日に打ち上げられて、世界中を驚かせた人類初の人工衛星スプートニク1号。米ソ間の宇宙開発競争は、このとき幕を開けた。以来50年、毎年100前後の人工衛星や宇宙船が打ち上げられている。惑星探査・天体観測・気象観測・資源探査・GPS・軍事・通信・放送・技術試験など、目的は多様だ。初めて月に着陸したアポロ11号、太陽系を脱出しようとしているパイオニアやヴォイジャー、さまざまな実験や観測の場となっている国際宇宙ステーションなど、多くの人に知られているものもあれば、地道に活動を続ける観測や通信のための衛星もある。この中から、重要な役割を果たした約90を選び、宇宙開発の世界史を大づかみにたどる。
【目次】
スプートニク1号―宇宙への窓を開けた「赤い星」;スプートニク2号―イヌが宇宙初の犠牲に;エクスプローラー1号―初の科学成果でソ連に一矢;ヴァンガード1号―難産、末は最長寿衛星に;スコア―宇宙からアイクの第一声;ルナ1号―月に接近し、初の人工惑星に;ディスカヴァラー1号―極軌道へスパイ実験衛星;タイロス1号―初の気象衛星はTVカメラ搭載;トランジット1B―初の航行衛星も軍事色濃厚;宇宙へ飛んだ動物たち〔ほか〕
【ISBN】
978-4-02-259928-5 4-02-259928-6

Holding information 3records
1record-3record
2039078107
中央
538.9 / 

書架
4階(自然科学)

2039044750

538 / 

書架
公開

2039108081
磯子
538 / 

書架
公開

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP