Material information
【タイトル】
マイルス・デイヴィスとは誰か 「ジャズの帝王」を巡る21人
【シリーズ名】
平凡社新書  ≪再検索≫
【著者名等】
小川隆夫/著  ≪再検索≫
【著者名等】
平野啓一郎/著  ≪再検索≫
【出版】
平凡社 2007.9
【大きさ等】
18cm 235p
【NDC分類】
764.7
【個人件名】
デーヴィス,マイルズ・デューイ  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0207065697
【著者等紹介】
【小川】1950年東京都生まれ。東京医科大学卒。整形外科医、ジャズ・ジャーナリスト。著書に「ベスト・オブ・ジャズ・ピアノ」「マイケル・デイヴィスの真実」「TALKIN’ジャズ×文学」「ジャズマンはこう聴いた!珠玉のJAZZ名盤100」などがある。
【著者等紹介】
【平野】1975年愛知県生まれ。京都大学法学部卒。作家。「日蝕」で第120回芥川賞受賞。著書に「一月物語」「葬送」「滴り落ちる時計たちの波紋」「顔のない裸体たち」「あなたが、いなかった、あなた」「本の読み方」「ウェブ人間論」などがある。
【注記】
文献あり
【要旨】
マイルス・デイヴィスは、常に新しいジャズを創造し、同時に多くのミュージシャンを育てた、まさに“ワン・アンド・オンリー”の存在である。彼を通して、二〇世紀後半のアメリカの音楽状況、黒人の位置、そして創造者の条件が浮かび上がってくる。パーカー、コルトレーン、ハンコック、ジミ・ヘンドリックス、マイケル・ジャクソンら、21人から迫る「帝王」の真実。
【目次】
第1部 マイルスと21人のアーティスト(チャーリー・パーカー―最初にして最大の“師”;ディジー・ガレスピー―目標としたトランペッター;ソニー・ロリンズ―グループに入れそこなったテナー奏者;ジョン・コルトレーン―過剰なる“ビバップの亡霊”;シュガー・レイ・ロビンソン―パーカーに替わる兄貴分 ほか);第2部 マイルス・デイヴィス―「自由」の探求(ワン・アンド・オンリーの存在;求めるものは常に自由;白人音楽にアプローチして、自分を変えていく;マイルスの黒人意識、ウイントンの黒人意識;シュトックハウゼン→ウェザー・リポート ほか)
【ISBN】
978-4-582-85392-6 4-582-85392-7

Holding information 2records
1record-2record
2039203530
磯子
764 / 

書架
公開

2039293792
瀬谷
764 / 

他回送
公開

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP