Material information
【タイトル】
横浜港の七不思議 象の鼻・大桟橋・新港埠頭
【シリーズ名】
有隣新書  ≪再検索≫
【著者名等】
田中祥夫/著  ≪再検索≫
【出版】
有隣堂 2007.9
【大きさ等】
18cm 241p
【NDC分類】
683.9213
【件名】
横浜港  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0207065779
【著者等紹介】
1931年東京生まれ。早稲田大学第一理工学部卒。横浜市役所に勤務し、街づくりや住宅計画に携わる。東海大学大学院、関東学院大学で非常勤講師を務め、現在、国土交通省中央建設工事紛争審査委員会委員。91年「明治前期における建築法制に関する研究」で日本都市計画学会賞受賞。
【注記】
文献あり 年表あり
【要旨】
安政六年(一八五九)に開港した横浜港は、日本を代表する貿易港に発展したが、来航した船は、大桟橋ができるまでの三十五年間、直接岸壁に横づけすることができなかった。本書は、大桟橋の根元に今も残る「象の鼻」とよばれる突堤はなぜ曲がっているのか、鉄桟橋建設の原資となったアメリカからの下関賠償金はなぜ返還されたのか、さらに石造ドックを日本人が設計した理由や、新港埠頭建設をめぐる内務省と大蔵省の争いなど、横浜港の七つの不思議をさまざまな資料を用いて明らかにしながら、関東大震災までの歩みを紹介する。
【目次】
第1章 「象の鼻」―なぜ突堤が曲がっているか;第2章 横浜築港―なぜ三十五年間も船がつけない港だったか;第3章 大桟橋―なぜアメリカは下関賠償金を返してきたか;第4章 「メリケン波止場」―なぜそう呼ばれたか;第5章 石造ドック―なぜ佐世保で設計図がつくられたか;第6章 新港埠頭―なぜ大蔵省が土木工事を行なったか;第7章 「横浜市歌」―なぜ鴎外が作詞することになったか;終章 横浜港の遺産を生かす
【ISBN】
978-4-89660-200-5 4-89660-200-5

Holding information 32records
1record-5record
2039163660
中央
683.9 / 

書架
3階(ヨコハマ資料)横浜資料

2039163651
中央
683.9 / 

書架
3階(ヨコハマ資料)横浜資料

2039163694
中央
683.9 /164 

書架
書庫(ヨコハマ中央)横浜資料

2039163643
中央
683.9 /164 

書架
書庫(ヨコハマ中央)横浜資料

2039306126
中央
683.9 /164 

書架
書庫(ヨコハマ中央)横浜資料

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP