Material information
【タイトル】
暴力はどこからきたか 人間性の起源を探る
【シリーズ名】
NHKブックス  ≪再検索≫
【著者名等】
山極寿一/著  ≪再検索≫
【出版】
日本放送出版協会 2007.12
【大きさ等】
19cm 244p
【NDC分類】
489.9
【件名】
霊長類  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0207094156
【著者等紹介】
1952年東京生まれ。京都大学大学院博士課程修了。現在、京都大学大学院理学研究科教授。日本霊長類学会会長。専攻は霊長類社会生態学、人類進化論。長年にわたり、野生のニホンザルやチンパンジー、ゴリラの社会的行動の姿を追うとともに、その保護活動でも国際的に活躍。
【注記】
文献あり
【要旨】
私たち人類は、争いの火種もその解消の術も、霊長類として進化する中で獲得してきた。六五〇〇万年前にこの地上に登場した霊長類。彼らは“食”と“性”をめぐる争いを、それぞれの社会性をもって回避してきたのだ。それを受け継ぐ人類は、家族という独自の社会を得るに至る。屋久島のニホンザルやコンゴ民主共和国のゴリラをはじめ、世界中の霊長類の姿を最新の研究成果から明らかにし、人類の社会性の起源に迫る。
【目次】
第1章 攻撃性をめぐる神話(人類の進化史と攻撃性;狩猟仮説;暴力とは何か);第2章 食が社会を生んだ(生物がともに生きる意味;食べることによって進化した能力;食物の違いがもたらすもの;ニッチとテリトリー;昼の世界が集団生活を生んだ;食物と捕食者の影響;食物をめぐる争いと社会性の進化);第3章 性をめぐる争い(インセストの回避と社会の進化;ペア生活の進化;メスがオスの共存を左右する;母系と父系;娘と息子のゆくえ);第4章 サルはどうやって葛藤を解決しているか(優劣順位とは何か;所有をめぐる争い;和解の方法;食物を分配する類人猿;性の相手は分けられない);第5章 暴力の自然誌―子殺しから戦争まで(子殺しと社会の変異;人間はどう進化してきたか;家族と不思議な生活史;分かち合う社会;戦いの本質とは何か)
【ISBN】
978-4-14-091099-3 4-14-091099-2

Holding information 7records
1record-5record
2039707988
中央
489.9 / 

書架
4階(自然科学)

2039705802
鶴見
489 / 

書架
公開

2039795097

489 / 

書架
公開

2039724181

489 / 

書架
公開

2039856991
保土谷
489 / 

書架
公開

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP