Material information
【タイトル】
自己組織化と進化の論理 宇宙を貫く複雑系の法則
【シリーズ名】
ちくま学芸文庫  ≪再検索≫
【著者名等】
スチュアート・カウフマン/著  ≪再検索≫
【著者名等】
米沢富美子/監訳  ≪再検索≫
【著者名等】
森弘之/訳  ≪再検索≫
【著者名等】
五味壮平/訳  ≪再検索≫
【著者名等】
藤原進/訳  ≪再検索≫
【出版】
筑摩書房 2008.2
【大きさ等】
15cm 579,16p
【NDC分類】
467.5
【件名】
進化  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0208008138
【注記】
索引あり At home in the universe./の翻訳
【要旨】
地球上の生物の複雑多様な進化の謎は「自然淘汰」と「突然変異」のみで語れるのだろうか?答えは「否」!秩序ある生物世界に関しては、自然淘汰や突然変異も重要だが、これに加えて「自己組織化」が決定的な役割を担っている。すべての秩序は自然発生的に生まれる、と自己組織化理論は主張する。本書では、この理論に則って進化の様子を丹念に読み解いてゆく。さらにこの理論は、カンブリア紀の大爆発、生物のネットワーク、経済システムから、民主主義の生まれた所以にいたるまでを説明する。新しい視点からの理論的挑戦でわくわくできる一冊。
【目次】
宇宙に浮かぶわが家で―自己組織化と自然淘汰が生物世界の秩序を生んだ;生命の起源―単純な確率論からいえば生命の誕生はありえなかった;生じるべくして生じたもの―非平衡系で自己触媒作用をもつ分子の集団;無償の秩序―自然に生じた自己組織化は進化する力ももっていた;個体発生の神秘―一個の卵から生物体ができる「法則」は何か;ノアの箱舟―生物の多様性は臨界点の境界への進化から生まれた;約束の地―分子の自己組織化を応用すれば新しい薬を作ることができる;高地への冒険―生物や生物集団はより適した地位へと進化していく;生物と人工物―技術や経済や社会もより適した地位をめざして進化する;舞台でのひととき―生物集団はたがいに影響し合って進化し、絶滅していく;優秀さを求めて―民主主義の正当性も自己組織化の論理で説明が可能;地球文明の出現―生態系・技術・経済・社会・宇宙を貫く自己組織化の論理
【ISBN】
978-4-480-09124-6 4-480-09124-6

Holding information 1records
1record-1record
2019588958
中央
467.5 / 

書架
1階(ポピュラー)文庫本

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP