Material information
【タイトル】
島津忠夫著作集 第14巻
【巻タイトル】
国文学の世界
【著者名等】
島津忠夫/著  ≪再検索≫
【出版】
和泉書院 2008.2
【大きさ等】
22cm 443p
【NDC分類】
910.8
【件名】
日本文学  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0208016818
【注記】
著作目録あり
【目次】
第1章 国文学の世界(幻の国文学概論;『角川古語大辞典』の編集に関与して;『新国歌大観』の成立するまで;中世語―中世文学研究のために;古典の口語訳ということ;谷山茂氏と「幽玄」;真字本『方丈記』のこと―序によせて;『椿説弓張月』を読んで;書評の中から);第2章 冷泉家時雨亭文庫蔵歌書紙背文書の連歌(文永本『新古今和歌集』紙背文書の連歌;承空本私家集紙背文書の連歌―付、素寂本私家集『友則集』紙背文書の連歌);第3章 西山宗因生誕四百年(西山宗因讃―西山宗因生誕四百年;美作道の吟行―西山宗因『津山紀行』;西山宗因の和歌 付、狂歌;下河辺長流・契沖と西山宗因;貞徳・宗因・芭蕉;宗因・宗春父子短冊一軸のからくり);第4章 随想で綴る私の履歴―付、体験を通しての教育制度雑感;第5章 男ひとりの食日誌―平成十三年;第6章 著述目録;第7章 講義題目
【ISBN】
978-4-7576-0448-3 4-7576-0448-3

Holding information 1records
1record-1record
2040459424
中央
910.8 /16 /14

書架
書庫(人文科学中央)

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP