Material information
【タイトル】
遺産としての三木清
【著者名等】
清眞人/〔ほか〕著  ≪再検索≫
【出版】
同時代社 2008.3
【大きさ等】
22cm 363,31p
【NDC分類】
121.6
【個人件名】
三木清  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0208018945
【注記】
文献あり
【目次】
第1部 批判的思索者のアイデンティティ―三木清の場合(「東洋的自然主義」批判と主体の自己創造;「近代」と「不安」―三木清の思想史的意義をめぐって);第2部 『哲学的人間学』と『構想力の論理』とのあいだ(三木パトス論の問題構造;「第三の弁証法」について―その成立根拠をめぐって);第3部 三木「親鸞」論の意義と問題性(三木『親鸞』の“再発見”―解釈学が拓く親鸞論の地平と宗教論的・思想的意義;三木清の宗教性―その思想の根底にあるものとして);第4部 最後の三木清(三木清と日本のフィリピン占領)
【内容】
内容: 批判的思索者のアイデンティティ 「東洋的自然主義」批判と主体の自己創造   清眞人著
【内容】
「近代」と「不安」   津田雅夫著
【内容】
『哲学的人間学』と『構想力の論理』とのあいだ 三木パトス論の問題構造   清眞人著
【内容】
「第三の弁証法」について   津田雅夫著
【内容】
三木「親鸞」論の意義と問題性 三木『親鸞』の“再発見”   亀山純生著
【内容】
三木清の宗教性   室井美千博著
【内容】
最後の三木清 三木清と日本のフィリピン占領   平子友長著
【ISBN】
978-4-88683-620-5 4-88683-620-8

Holding information 1records
1record-1record
2040404107
中央
121.6 / 

書架
5階(人文科学)

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP