Material information
【タイトル】
藍染の絵本
【シリーズ名】
つくってあそぼう  ≪再検索≫
【著者名等】
山崎和樹/へん  ≪再検索≫
【著者名等】
城芽ハヤト/え  ≪再検索≫
【出版】
農山漁村文化協会 2008.3
【大きさ等】
27cm 36p
【NDC分類】
753.8
【件名】
染色  ≪再検索≫
【件名】
あい(藍)  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0208023533
【著者等紹介】
【山崎】1957年群馬県生まれ。82年明治大学農学部修士課程修了後、父・青樹のもとで草木染の研究を始める。85年草木工房を設立。2002年信州大学工学系研究科博士後期課程修了。草木工房主宰、染色工芸家、東北芸術工科大学准教授、高崎市染料植物園講師など。
【著者等紹介】
【城芽】1955年秋田県生まれ。武蔵野美術大学造形学部卒。以後フリー。2005年個展「若葉のころ」。書籍装画ほかエディトリアル・イラストレーション多数。東京イラストレーターズ・ソサエティ会員。絵本に「さといもの絵本」「うめのみとり」など。
【注記】
文献あり
【要旨】
藍色は、藍草で染めるきれいな青色だ。身近なところでは、ブルージーンズの色が藍色だ。藍は、日本でもむかしから使われてきた染料なんだ。江戸時代には、いろいろなものが藍色に染められて、ジャパンブルーとも呼ばれたよ。自分で藍染をして、藍色の美しさを楽しんでみよう。
【目次】
藍色って、どんな色?;ジャパン・ブルーは江戸を代表する色;藍いろいろ、古代エジプトでも染められていた;吉野川が育てた阿波の藍玉;青は藍より出で…藍色、重ね染めいろいろ;緑の葉で、藍色が染まるしくみ;いろんな染め方で藍染をしよう;まずは、生葉で染めてみよう!;生葉を煮だして染める、煮だし染めに挑戦だ!;阿波の藍師の〓(すくも)づくり;〓(すくも)で「藍建て」してみよう!;沈殿藍をつくってみよう!;茎と生葉の重ね染めを楽しもう!;黄檗との重ね染めを楽しもう!
【ISBN】
978-4-540-07278-9 4-540-07278-1

Holding information 15records
1record-5record
2040726228
中央
75/

貸出中
1階(ポピュラー)

2040778821
鶴見
75/

書架
公開

2040755724
神奈川
75/

書架
公開

2040757026

75/

書架
公開

2040752130

75/

書架
公開

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP