Material information
【タイトル】
宗教に揺れる国際関係 米国キリスト教の功と罪
【著者名等】
蓮見博昭/著  ≪再検索≫
【出版】
日本評論社 2008.4
【大きさ等】
20cm 272p
【NDC分類】
319.53
【件名】
アメリカ合衆国−対外関係  ≪再検索≫
【件名】
キリスト教と政治  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0208024244
【著者等紹介】
1933年東京生まれ。東京外国語大学卒。現在、恵泉女学園大学名誉教授。
【注記】
索引あり
【要旨】
最強の資本主義国アメリカは、最強の宗教帝国でもある。
【目次】
第1章 アメリカの対外関係の歴史と宗教―悪用されたり善用されたり;第2章 国際関係と宗教はどのように関わるのか―冷遇から世界の表舞台へ;第3章 世界平和をめぐるキリスト教の功罪―暴力の考え方で大きな差;第4章 キリスト教原理主義の問題点―聖書の鵜呑みで時代錯誤に;第5章 救済的暴力と宗教テロリズム―オウム真理教はアメリカの真似か;第6章 アメリカ選民思想と例外主義―責任を忘れれば地獄行きも;第7章 世界に進出するアメリカ福音派―アジア・アフリカで信者教が急増;第8章 なぜアメリカはイスラエルを支持するのか―歴史的・思想的なルーツを探る;第9章 宗教的なアメリカは今後変わるか―注目される米民主党との関係
【ISBN】
978-4-535-58402-0 4-535-58402-8

Holding information 1records
1record-1record
2040675550
金沢
319.5 / 

書架
公開

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP