Material information
【タイトル】
精神史における言語の創造力と多様性
【著者名等】
納富信留/編  ≪再検索≫
【著者名等】
岩波敦子/編  ≪再検索≫
【著者名等】
納富信留/著  ≪再検索≫
【著者名等】
Neil McLynn/著  ≪再検索≫
【著者名等】
Nicholas Henck/著  ≪再検索≫
【著者名等】
高橋英海/著  ≪再検索≫
【著者名等】
野元晋/著  ≪再検索≫
【著者名等】
岩波敦子/著  ≪再検索≫
【著者名等】
斎藤慶典/著  ≪再検索≫
【著者名等】
北原久嗣/著  ≪再検索≫
【著者名等】
飯田隆/著  ≪再検索≫
【出版】
慶應義塾大学言語文化研究所 2008.3
【出版】
慶応義塾大学出版会
【大きさ等】
21cm 237p
【NDC分類】
804
【件名】
言語学  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0208026924
【著者等紹介】
【納富】1965年生まれ。ケンブリッジ大学古典学部博士課程修了。現在、慶應義塾大学文学部准教授。専攻は西洋古代哲学・古典学。サントリー学芸賞受賞。
【著者等紹介】
【岩波】1962年生まれ。ベルリン自由大学大学院博士課程修了。現在、慶應義塾大学理工学部准教授。専攻はヨーロッパ中世史、概念史、史料学。
【注記】
並列タイトル:Diversity and creativity
【要旨】
言語の創造力と多様性を、西洋をはじめとする精神史において、具体的で包括的な仕方で考察し、本質的・歴史的な相のもとに明らかにしていく、慶應義塾大学言語文化研究所、第4回公募研究「精神史における言語の創造力と多様性」の研究成果。
【目次】
言語で創造する哲学―古代ギリシアにおける精神の展開;Catastrophe and Creativity―Fifth‐Century Christian Literary Responses to the Invasion of Gaul;Cultural Change and Cultural Continuity―Towards an Increasingly Multicultural Later Roman Empire;翻訳と文化間関係―シリア語とその周辺から;イスマーイール派の文字論―スィジスターニーの『誇りの書』より「七つの高次の文字の認識について」邦訳;Ratioの位相序論;言葉が語り出されるとき(3);Language Design in Minimalism―A Case Study of (Anti‐)C‐Command Requirements;論理の言語と言語の論理
【内容】
内容: 言葉で創造する哲学   納富信留著
【内容】
Catastrophe and creativity   Neil McLynn著
【内容】
Cultural change and cultural continuity   Nicholas Henck著
【内容】
翻訳と文化間関係   高橋英海著
【内容】
イスマーイール派の文学論   野元晋著
【内容】
Ratioの位相序論   岩波敦子著
【内容】
言葉が語り出されるとき3   斎藤慶典著
【内容】
Language design in minimalism   北原久嗣著
【内容】
論理の言語と言語の論理   飯田隆著
【ISBN】
978-4-7664-1493-6 4-7664-1493-4

Holding information 1records
1record-1record
2040721471
中央
804 /88 

書架
書庫(調査中央)

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP