Material information
【タイトル】
ソウル−ベルリン玉突き書簡 境界線上の対話
【著者名等】
徐京植/著  ≪再検索≫
【著者名等】
多和田葉子/著  ≪再検索≫
【出版】
岩波書店 2008.4
【大きさ等】
20cm 187p
【NDC分類】
915.6
【書誌番号】
3-0208029557
【著者等紹介】
【徐】1951年京都生まれ。作家、東京経済大学教員。2006〜08年「国外研究」のため韓国に滞在。
【著者等紹介】
【多和田】1960年東京生まれ。作家。ベルリン在住。
【要旨】
ソウルとベルリンをまたぐ「ことばの玉突き台」へ、ようこそ。在日朝鮮人二世の作家として、離散者の視点から国家、歴史、社会、文化、芸術を鋭く眼差し、著作活動を行なってきた徐氏。一方、日本語という母語のみならずドイツ語でも詩や小説を次々と発表して高い評価を得ている多和田氏。ここに往復書簡の形で実現したコラボレーションには、誰にとっても無関係ではない本質的な問題を二人ならどう考え、料理するのか、資質もスタイルも異なる両氏の思考と感性が息づいている。
【目次】
第1信 家;第2信 名前;第3信 旅;第4信 遊び;第5信 光;第6信 声;第7信 翻訳;第8信 殉教;第9信 故郷;第10信 動物
【ISBN】
978-4-00-023718-5 4-00-023718-7

Holding information 2records
1record-2record
2040764960
中央
915.6 / 

書架
5階(人文科学)

2040752350
戸塚
915 / 

貸出中
公開

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP