Material information
【タイトル】
源氏物語と江戸文化 可視化される雅俗
【著者名等】
小嶋菜温子/編  ≪再検索≫
【著者名等】
小峯和明/編  ≪再検索≫
【著者名等】
渡辺憲司/編  ≪再検索≫
【出版】
森話社 2008.5
【大きさ等】
22cm 427p
【NDC分類】
913.36
【書誌番号】
3-0208033148
【著者等紹介】
【小嶋】立教大学文学部教授。古代文学。「源氏物語の性と生誕−王朝文化史論」「チェスター・ビーティー・ライブラリィ所蔵竹取物語絵巻」。
【著者等紹介】
【小峯】立教大学文学部教授。中世文学。「院政期文学論」「中世日本の予言書」。
【注記】
文献あり
【要旨】
『源氏物語』の享受が生み出した雅俗の表象は、それ自体がひとつの文化装置として日本文化の形成に関与してきた。江戸時代の文化・文芸を中心に、さまざまなイメージやテクストにおける受容と再生の軌跡から、現代にいたる「源氏文化」の意味を問う。
【目次】
1 『源氏物語』の図像資料(幻の「源氏物語絵巻」をもとめて―新紹介バーク本・ベルギー本から;バーク財団蔵「源氏物語絵巻」賢木巻断簡について;『源氏物語』の絵入り写本);2 “みやび”とパロディ―文学史の想像力にみる(お伽草子と説話世界の『源氏物語』;『源氏物語』享受における和歌と絵画―若紫巻をめぐって;近世和歌と『源氏物語』―源氏物語名和歌の方法;交錯する雅俗―江戸初期の連歌に見る『源氏物語』;西鶴・長嘯子・芭蕉の『源氏物語』享受―『好色一代男』『挙白集』『奥の細道』を中心として;『源氏物語』と『色道大鏡』―遊女「八千代」を中心に);3 視覚化される雅俗―宗教・芸能・美術から(源氏供養と普賢十羅刹女像;『扇の草子』に見る十七世紀前後の『源氏物語』享受;源氏文化から葦手のポエティックネスへ;元禄歌舞伎と『源氏物語』―近松門左衛門作『今源氏六十帖』における受容;江戸の見立て絵と女三宮);4 源氏文化と近代日本のイメージ形成―現代への射程(図像・ジェンダー・源氏文化―立教大学日本文学科創設五〇周年記念国際シンポジウムから;『源氏物語』享受史の射程;『源氏物語』と文化共同体;『源氏物語』の文化イメージとヴィジ・
【内容】
内容: 『源氏物語』の図像資料 幻の「源氏物語絵巻」をもとめて   稲本万里子, エステル・レジェリー=ボエール, 小嶋菜温子述
【内容】
バーク財団蔵「源氏物語絵巻」賢木巻断簡について   稲本万里子著
【内容】
『源氏物語』の絵入り写本   石川透著
【内容】
〈みやび〉とパロディー お伽草子と説話世界の『源氏物語』   小峯和明著
【内容】
『源氏物語』享受における和歌と絵画   鈴木健一著
【内容】
近世和歌と『源氏物語』   加藤睦著
【内容】
交錯する雅俗   寺田澄江著
【内容】
西鶴・長嘯子・芭蕉の『源氏物語』享受   中嶋隆著
【内容】
『源氏物語』と『色道大鏡』   渡辺憲司著
【内容】
視覚化される雅俗 源氏供養と普賢十羅刹女像   武笠朗著
【内容】
『扇の草子』に見る十七世紀前後の『源氏物語』享受   安原眞琴著
【内容】
源氏文化から葦手のポエティックスへ   ブリッセ・クレール碧子著
【内容】
元禄歌舞伎と『源氏物語』   加藤敦子著
【内容】
江戸の見立て絵と女三宮   渡辺雅子著
【内容】
源氏文化と近代日本のイメージ形成 図像・ジェンダー・源氏文化   小嶋菜温子著
【内容】
『源氏物語』享受史の射程   池田忍著
【内容】
『源氏物語』と文化共同体   鈴木登美著
【内容】
『源氏物語』の文化イメージとヴィジュアリティ   中川成美著
【内容】
アカデミズムと大衆文化   立石和弘著
【ISBN】
978-4-916087-85-0 4-916087-85-2

Holding information 1records
1record-1record
2040834381
中央
913.3 / 

書架
5階(人文科学)

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP