Material information
【タイトル】
古代音楽論集
【シリーズ名】
西洋古典叢書  ≪再検索≫
【著者名等】
アリストクセノス/〔著〕  ≪再検索≫
【著者名等】
プトレマイオス/〔著〕  ≪再検索≫
【著者名等】
山本建郎/訳  ≪再検索≫
【出版】
京都大学学術出版会 2008.5
【大きさ等】
20cm 365,18p
【NDC分類】
761
【件名】
音楽理論  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0208034497
【注記】
文献あり 索引あり
【要旨】
ギリシア音楽の理解のために必須のハルモニア論(音階理論)を収載する。アリストクセノス(前4世紀)は、音程を数比だけで決めるピュタゴラス派の方法論を排し、耳で聴いた音をもとに音階理論を確立した。ピュタゴラス派の系譜に属する古代随一の天文学者でもあるプトレマイオス(後2世紀)は、アリストクセノスを批判的に継承し、西洋クラシック音楽への展開の契機をなした。古代劇や抒情詩の表現には欠かせないギリシア音楽を体系的に理論づけた作品。西洋音楽論の古典的名著。
【目次】
ハルモニア原論(アリストクセノス);ハルモニア論(プトレマイオス)
【内容】
内容: ハルモニア原論   アリストクセノス著
【内容】
ハルモニア論   プトレマイオス著
【内容】
解説
【ISBN】
978-4-87698-175-5 4-87698-175-2

Holding information 1records
1record-1record
2040868634
中央
761 / 

書架
5階(人文科学)

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP