Material information
【タイトル】
映画崩壊前夜
【著者名等】
蓮實重彦/著  ≪再検索≫
【出版】
青土社 2008.7
【大きさ等】
19cm 422p
【NDC分類】
778.04
【件名】
映画  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0208045983
【著者等紹介】
1936年東京生まれ。60年東京大学文学部卒。東京大学教養学部教授を経て、93〜95年教養学部長、95〜97年副学長を歴任し、97〜2001年東京大学26代総長。読売文学賞、フランス映画批評家連盟文芸賞、芸術選奨文部大臣賞受賞。
【注記】
索引あり
【要旨】
映画崩壊前夜の自覚が意識に浮上するのは、その瞬間である。実際、これらのフィルムは、かりに自分が映画でないのだとしたら、映画など存在しようもないし、そもそも存在する価値すらないと孤独につぶやいている。時間空間を超えて反復されるそのつぶやきが聞きとどけられるとき、そのときにのみ、映画はかろうじて不可視のスクリーンに向けて投影され、映画は映画であるという同語反復を音としては響かぬ波動としてあたりに行きわたらせる。その投影と波動とを無根拠に肯定する身振り―。
【目次】
1 崩壊(映画崩壊前夜に向けて);2 覚悟(その覚悟はできているのか―黒沢清『叫』論;「善悪の彼岸」に―黒沢清『アカルイミライ』論 ほか);3 誘惑(衣装に憑かれ、水にも憑かれ―中田秀夫『カオス』;応えあうひそかな閃光のように―アレクサンドル・ソクーロフ『モレク神』『ドルチェ―優しく』 ほか);4 抵抗(「作家主義」にさからってティム・バートンを擁護することの困難―『Planet of the Apes猿の惑星』;老齢の作家ばかりが無闇に元気なこの時代はわれわれに何を告げているのだろうか―エリック・ロメールの『イギリス女性と公爵』 ほか);5 追悼(加藤泰と「時代劇」の系譜;神代辰巳を擁護する ほか)
【ISBN】
978-4-7917-6423-5 4-7917-6423-4

Holding information 2records
1record-2record
2041293376
中央
778.0 /753 

書架
書庫(人文科学中央)

2041317976
戸塚
778 / 

書架
公開

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP