Material information
【タイトル】
美しい言葉づかい フランス人の表現の技術
【シリーズ名】
中公新書  ≪再検索≫
【著者名等】
井村順一/著  ≪再検索≫
【出版】
中央公論新社 2008.7
【大きさ等】
18cm 213p
【NDC分類】
850.2
【件名】
フランス語−歴史  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0208053260
【著者等紹介】
1933年東京生まれ。56年東京大学文学部卒。62年東京大学大学院人文科学研究科仏語仏文学専攻博士課程満期退学。立教大学、東京大学、獨協大学に勤務。現在、東京大学名誉教授、獨協大学名誉教授。
【注記】
文献あり
【要旨】
「会話の技術」を身につけるには訓練が必要だ。一七世紀前半期のパリに、話す技術を磨くための場所ができた。「サロン」である。言葉に異常な関心を示す若い貴族が、ランブイエ侯爵夫人の有名なサロンに現れる。その名はヴォージュラ。サロンの言葉づかいを克明にメモし、その後のフランス語の洗練に絶大な影響を及ぼす「文法」を著すことになる。フランス人のもつ言語表現への関心を通して、表現の技術を考えてみよう。
【目次】
第1章 青い部屋―ランブイエ侯爵夫人のサロン(大世紀の幕開け;ランブイエの館;ローマからパリへ;サロンと会話);第2章 ヴォージュラ登場(ヴォージュラという名前;フランソワ・ド・サル;サヴォワという国;ヴォージュラと外国語;修業の季節);第3章 カトリーヌとクロード(「ランブイエの館」とヴォージュラ;王弟ガストン;アカデミー・フランセーズ;貧乏な文法家);第4章 『フランス語に関する注意書き』(紳士の文法;『注意書き』の特色;『注意書き』以後);終章 サロン、会話、文法(会話の好きなフランス人;「大作家」の例;明晰な言葉づかい)
【ISBN】
978-4-12-101957-8 4-12-101957-1

Holding information 5records
1record-5record
2041409854
中央
850.2 / 

書架
3階(一般調査)

2041108056
神奈川
850 / 

書架
公開

2041106819

850 / 

書架
公開

2041110425
保土谷
850 / 

書架
公開

2040525575

850 / 

書架
公開

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP