Material information
【タイトル】
「訓読」論 東アジア漢文世界と日本語
【著者名等】
中村春作/編  ≪再検索≫
【著者名等】
市來津由彦/編  ≪再検索≫
【著者名等】
田尻祐一郎/編  ≪再検索≫
【著者名等】
前田勉/編  ≪再検索≫
【出版】
勉誠出版 2008.10
【大きさ等】
22cm 338,18p
【NDC分類】
811.25
【件名】
訓点  ≪再検索≫
【件名】
漢文  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0208071905
【著者等紹介】
【中村】1953年生まれ。広島大学大学院教育学研究科教授。専攻は日本思想史。著書に、「江戸儒教と近代の「知」」「近代日本の成立」などがある。
【著者等紹介】
【市來】1951年生まれ。広島大学大学院文学研究科教授。中国思想文化学特に中国近世思想史学。
【注記】
索引あり
【要旨】
「訓読」はなぜ、私たちにとって「課題」であり続けるのか―「訓読」という異文化理解の方法を再考し、日本の伝統文化形成、日本人の「知」の問題として位置づける。また、「訓読」という手法を、東アジア世界の文化交渉から見つめ直し、漢字・漢文文化圏の成立、その内部での個々の文化形成のあり方を論じる。
【目次】
第1部 異文化理解の「課題」としての訓読(「訓読」の思想史―“文化の翻訳”の課題として;近代における「漢文直読」論の由緒と行方―重野・青木・倉石をめぐる思想状況;ピジン・クレオール語としての「訓読」;ベトナムの「訓読:と日本の「訓読」);第2部 訓読と日本語・日本文化の形成(日本における訓点資料の展開―主として音読の視点から;近世における漢文訓読法の変遷と一斎点;漢文訓読体と敬語;国語施策と訓点語学);第3部 訓読論の地平(“訓読”問題と古文辞学―荻生徂徠をめぐって;表現文法の代用品としての漢文訓読;日本漢文の訓読とその将来;漢文訓読の現象学―文言資料読解の現場から)
【ISBN】
978-4-585-03184-0 4-585-03184-7

Holding information 1records
1record-1record
2041473870
中央
811.2 / 

書架
3階(一般調査)

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP