Material information
【タイトル】
啓蒙のエピステーメーと経済学の生誕
【著者名等】
田中秀夫/編著  ≪再検索≫
【出版】
京都大学学術出版会 2008.11
【大きさ等】
23cm 420p
【NDC分類】
331.2
【件名】
経済学−歴史  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0208085344
【著者等紹介】
京都大学大学院経済学研究科教授。研究テーマ:啓蒙と経済学の形成。
【注記】
索引あり 並列タイトル:The e´piste´me` of enlightenment and the birth of political economy
【要旨】
近代市民社会と経済学の原点を問う。資本主義経済への一極化が席捲する現代。啓蒙の時代にその萌芽をさぐり、新たな方途を照らし出す。十七世紀から十九世紀にかけてのイングランドを中心とする英語圏における経済学の原点にあった問題を、改めて論じている。
【目次】
啓蒙の遺産―解法としての経済学;第1部 軍事・政治から商業へ―初期啓蒙と社会認識の転回(初期啓蒙とペティの経済科学;レトリックを超えて―近代初期イングランドの古典修辞学と政治算術;勤労の育成―ロックからハチスンまで;貨幣から信用へ―アイルランド金融政策にみる経済学的思考);第2部 経済学の鍛造―盛期啓蒙と経済認識の深化(「立法者の科学」としての経済学―アダム・スミスにおける啓蒙と経済学;新国家の創出―アメリカ啓蒙と植民地独立の経済思想;啓蒙の「形而上学」と経済学の形成―ドゥーガルド・ステュアートと「精神の耕作」;文明社会と商業社会―『エディンバラ・レヴュー』からJ.S.ミルまで);終わりなき革命―永続する啓蒙と経済的自立の夢
【内容】
内容: 啓蒙の遺産   田中秀夫著
【内容】
軍事・政治から商業へ 初期啓蒙とペティの経済科学   大倉正雄著
【内容】
レトリックを超えて   伊藤誠一郎著
【内容】
勤労の育成   生越利昭著
【内容】
貨幣から信用へ   後藤浩子著
【内容】
経済学の鍛造 「立法者の科学」としての経済学   渡辺恵一著
【内容】
新国家の創出   田中秀夫著
【内容】
啓蒙の「形而上学」と経済学の形成   篠原久著
【内容】
文明社会と商業社会   川名雄一郎著
【内容】
終わりなき革命   田中秀夫著
【ISBN】
978-4-87698-755-9 4-87698-755-6

Holding information 1records
1record-1record
2041678022
中央
331.2 / 

書架
4階(社会科学)

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP