Material information
【タイトル】
三三九度 盃事の民俗誌
【シリーズ名】
岩波現代文庫  ≪再検索≫
【著者名等】
神崎宣武/著  ≪再検索≫
【出版】
岩波書店 2008.12
【大きさ等】
15cm 253p
【NDC分類】
382.1
【件名】
日本−風俗  ≪再検索≫
【件名】
儀礼  ≪再検索≫
【件名】
酒  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0208092620
【注記】
文献あり
【要旨】
盃の酒を三口で飲み、それを三度繰り返す三三九度。日本社会では結婚式のみならず、「親子盃」「兄弟盃」「襲名盃」など、約束を固める儀礼として盃事が行われてきた。民俗学者であり現役の神主でもある著者が、ムラ社会の盃事からテキヤ・ヤクザ世界の襲名儀礼に至るまで、フィールドワークと文献を駆使し日本的契約の伝統を探る。小さな盃と酒から見たユニークな日本文化論。
【目次】
序章 吉備高原上の祭礼;1章 輪島・「お当渡し」の盃;2章 テキヤ社会における盃事;3章 親子盃と兄弟盃;4章 祝言での女夫盃;終章 日本文化としての「盃事」
【ISBN】
978-4-00-603175-6 4-00-603175-0

Holding information 3records
1record-3record
2041826633
中央
382.1 / 

書架
1階(ポピュラー)文庫本

2041810753
保土谷
382 / 

書架
公開文庫本

2041866783
都筑
382 / 

書架
公開文庫本

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP