Material information
【タイトル】
散歩の文化学 1
【巻タイトル】
ホモ・アンブランスの誕生
【シリーズ名】
《思想・多島海》シリーズ  ≪再検索≫
【著者名等】
前野佳彦/著  ≪再検索≫
【出版】
法政大学出版局 2009.1
【大きさ等】
20cm 302,6p
【NDC分類】
361.78
【件名】
都市  ≪再検索≫
【件名】
歩行  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0209000742
【著者等紹介】
1953年福岡県生まれ。74年東京大学法学部中退、79年同大学院人文科学研究科修士課程修了。80〜84年シュトゥットガルト大学・ロンドン大学付属ワールブルク研究所に留学。現在、博士後期課程大学院生を中心に「文化記号塾」主宰。
【注記】
文献あり 索引あり
【要旨】
ヒトは一体いつ頃から、散歩を始めたのか―ホモ・アンブランス(散歩人)は古代都市とともに誕生し、都市生活の倍音を伴ったひとつの原初的な定位行動として、散歩は“界隈”という“見えない都市”の隠れた系譜を脈々と紡いできた。バビロンの広場で“神義”を乞う人、アゴラを歩くソクラテス、パサージュの遊歩人ベンヤミン、戦後日本の焼跡・闇市の歩行者らに及ぶ、散歩という日常行動の古層と深層を照らし出す。うろつき、立ち止まり、曲がりくねる“ろば”=生活者の視点から捉えた都市の原像。
【目次】
“散歩人”の誕生と輪廻転生;第1部 散歩人の発生学的根拠―界隈の系譜学(“人間の道/ろばの道”;文法的記憶喪失―ゲームの履歴;焼跡‐闇市‐商店街―“界隈”の散歩人;パチンコ屋‐パサージュ‐ブルヴァール―陶酔と覚醒;文体の履歴―定位シンタクスの浮遊);第2部 古代的界隈を歩いた人々(予備的考察 都市から領邦へ―古代的制度圧の型;古代バビロニアの散歩人―“神義論”の発生;ソクラテス―アゴラの散歩人);結び 界隈の系譜とその情念型
【ISBN】
978-4-588-10012-3 4-588-10012-2

Holding information 1records
1record-1record
2041890366
中央
361.7 / 

書架
4階(社会科学)

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP