Material information
【タイトル】
小売り
【版情報】
第2版
【シリーズ名】
日経文庫  ≪再検索≫ 業界研究シリーズ
【著者名等】
朝永久見雄/著  ≪再検索≫
【出版】
日本経済新聞出版社 2009.1
【大きさ等】
18cm 199p
【NDC分類】
673.7
【件名】
小売商−日本  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0209005196
【著者等紹介】
1986年青山学院大学経済学部卒、中央信託銀行入行。ファンドマネージャーとして経験を積んだ後、セルサイド・アナリストに転身。東京三菱証券を経て、2001年ドイツ証券入社。07年より米系大手証券アナリスト。日本証券アナリスト協会検定会員。
【注記】
初版:日本経済新聞社2006年刊
【要旨】
再編・統合が進む百貨店。好不調が激しい専門店。海外進出に活路を見出すコンビニ各社。価格競争へ突き進むGMS。人口減少、高齢化…未曾有の困難が各業態に一大変革を促す。小売業界の現状、課題、将来の見通しをコンパクトに収録。
【目次】
第1章 小売業界の歩み(小売業の革新1―三越;小売業の革新2―セブン‐イレブン ほか);第2章 小売業界の焦点(小売業の現状;消費特性に見る日本市場の非寡占 ほか);第3章 世界市場の動き(世界における日本の小売業の位置付け;海外大手小売業の日本進出 ほか);第4章 主要企業を見る(セブン&アイ・ホールディングス;イオン ほか);第5章 今後の展開を探る(少子高齢化にどう向き合うか;まちづくり3法で効率性が改善 ほか)
【ISBN】
978-4-532-11723-8 4-532-11723-2

Holding information 2records
1record-2record
2042007830
中央
673.7 / 

書架
4階(社会科学)

2042044892
磯子
673 / 

書架
公開

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP