Material information
【タイトル】
ガリア戦記
【シリーズ名】
平凡社ライブラリー  ≪再検索≫
【著者名等】
カエサル/著  ≪再検索≫
【著者名等】
石垣憲一/訳  ≪再検索≫
【出版】
平凡社 2009.3
【大きさ等】
16cm 394p
【NDC分類】
232.4
【件名】
ローマ(古代)  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0209017515
【著者等紹介】
【カエサル】共和制末期のローマの政治家、将軍。ガリアを平定し、ローマ世界を二分する内乱にも勝利して、独裁官として様々な改革を断行したが、帝政を嫌ったブルートゥスらに元老院議場で暗殺される。
【著者等紹介】
【石垣】1971年札幌生まれ。東京大学文学部卒。翻訳家兼プログラマ。ラテン語メーリングリストで「ガッリア戦記」読書会の解説役をつとめた。
【注記】
索引あり Commentarii de bello Gallico./の翻訳
【要旨】
紀元前五八〜五二年、カエサル率いるローマ軍は、ガッリア(現在のフランス、ベルギー)に遠征、この地を平定してギリシア・ローマ文化がヨーロッパに入る基礎を築いた。その歴史的大事件の現場のありさまを、カエサルは率直かつ簡潔な筆で記録にとどめた。ヨーロッパ史の古典中の古典を、いちばん読みやすく正確な新訳で読む。
【目次】
第一巻 紀元前五八年;第二巻 紀元前五七年;第三巻 紀元前五六年;第四巻 紀元前五五年;第五巻 紀元前五四年;第六巻 紀元前五三年;第七巻 紀元前五二年;第八巻 紀元前五一年〜五〇年
【ISBN】
978-4-582-76664-6 4-582-76664-1

Holding information 3records
1record-3record
2042245170
港北
232 / 

書架
公開

2042223991

232 / 

書架
公開

2042282661
都筑
232 / 

書架
公開

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP