Material information
【タイトル】
「ケータイ時代」を生きるきみへ
【シリーズ名】
岩波ジュニア新書  ≪再検索≫
【著者名等】
尾木直樹/著  ≪再検索≫
【出版】
岩波書店 2009.3
【大きさ等】
18cm 224,4p
【NDC分類】
367.6
【件名】
青少年問題  ≪再検索≫
【件名】
移動通信  ≪再検索≫
【件名】
データ通信  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0209021647
【著者等紹介】
1947年滋賀県生まれ。早稲田大学卒業後、私立海城高校、東京都公立中学校教師を経て、現在は、法政大学キャリアデザイン学部教授、早稲田大学大学院教育学研究科客員教授、臨床教育研究所「虹」所長。
【要旨】
ケータイをただ禁止すればいいの?思春期真っただ中の中・高生時代は、親や先生に反発したり、友達とつるんだりして自立への模索を重ねる時。だからこそ、ケータイには、特別な魅力を感じるのです。この便利で危険なメディアとどう付き合うか。3000人のアンケート調査をもとに、きみたちと一緒に考えます。付録「トラブル撃退法」。
【目次】
第1章 思春期の心と体―その変化の激しさ;第2章 中・高生、ケータイ生活の実態―三〇〇〇人調査から;第3章 “バーチャル劇場”の主役―ケータイ大好き中・高生;第4章 「ケータイ依存」と揺らぐ自立心;第5章 ケータイが友達をつくる;第6章 「世の中はこうなのか?」と錯覚;第7章 だましの「ネット大人」たち―その危険な魅力;第8章 きみたちが築け!“ケータイ文化”―誰もが安心・共生できる関係をめざして
【ISBN】
978-4-00-500617-5 4-00-500617-5

Holding information 1records
1record-1record
2042291644
中央
367.6 /477 

書架
書庫(ポピュラー中央)

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP