Material information
【タイトル】
グローバリゼーションと植民地主義
【著者名等】
西川長夫/編  ≪再検索≫
【著者名等】
高橋秀寿/編  ≪再検索≫
【出版】
人文書院 2009.3
【大きさ等】
19cm 376p
【NDC分類】
334.5
【件名】
植民地  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0209024506
【注記】
文献あり
【要旨】
「国民国家と多文化社会」シリーズ最終集。グローバル化と呼ばれる世界の変動は、とりわけ9・11以後、帝国主義的・植民地主義的な様相を深めている。グローバル化が第二の植民地主義であるなら、植民地主義の再生産装置たる国民国家はどのように機能してきたのか。「国内植民地」「グローバル・シティ」「戦後日本」などを手がかりに、「新たな」植民地主義に対する批判の回路と課題を考える。
【目次】
いまなぜ植民地主義が問われるのか―植民地主義論を深めるために;1 “新”植民地主義(“新”植民地主義とマルチチュードのプロジェクト―グローバル・コモンの共創に向けて;フランスの事例にみる「植民地忘却」を考える―『“新”植民地主義論』を手がかりに ほか);2 国内植民地(国内植民地論に関する覚え書;千島列島の内国化と国際的環境―片岡侍従の千島派遣を中心に ほか);3 グローバル・シティ(都市のグローバル性/植民地性;アジア・メガシティとポスト・グローバルシティの位相 ほか);4 戦後と植民地以後(「難民入植」と「開発難民」のあいだ―戦後開拓を考える;現在に抗する戦後に向けて ほか)
【内容】
内容: いまなぜ植民地主義が問われるのか   西川長夫著
【内容】
〈新〉植民地主義 〈新〉植民地主義とマルチチュードのプロジェクト   水嶋一憲著
【内容】
フランスの事例にみる「植民地忘却」を考える   平野千果子著
【内容】
「緑」のネオリベラリズムとメソアメリカ民衆の抵抗   崎山政毅著
【内容】
国内植民地 国内植民地論に関する覚え書   今西一著
【内容】
千島列島の内国化と国際的環境   麓慎一著
【内容】
市場・群島・国家   石原俊著
【内容】
国境を越えた人種マイノリティ教育の移転   宮下敬志著
【内容】
グローバル・シティ 都市のグローバル性 植民地性   加藤政洋著
【内容】
アジア・メガシティとポスト・グローバルシティの位相   吉原直樹著
【内容】
レポート グローバル化における上海の文化発展   郭潔敏著
【内容】
レポート 国際大都市をめざす上海の発展と課題   王貽志著 ; 王虎訳
【内容】
解題 グローバル・シティと植民地都市   佐藤量著
【内容】
戦後と植民地以後 「難民入植」と「開発難民」のあいだ   道場親信著
【内容】
現在に抗する戦後に向けて   花森重行著
【内容】
植民地遺制を考える   朴美貞著
【内容】
占領・植民地化・セクシャリティ   高橋秀寿著
【ISBN】
978-4-409-24081-6 4-409-24081-1

Holding information 1records
1record-1record
2042572740
中央
334.5 / 

書架
4階(社会科学)

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP