Material information
【タイトル】
コンピュータ・グラフィックスの歴史 3DCGというイマジネーション
【著者名等】
大口孝之/著  ≪再検索≫
【出版】
フィルムアート社 2009.6
【大きさ等】
21cm 270p
【NDC分類】
727
【件名】
グラフィック・アート−歴史  ≪再検索≫
【件名】
図形・画像処理  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0209041692
【著者等紹介】
1959年岐阜市生まれ。CG、特撮映画、大型映像、立体映像、博物館・博覧会の展示、テーマパーク、テレビ科学番組などの企画・演出・評論を行なう。データベースサイト「特殊映像博物館」運営。立体3D映画や博覧会史の研究家。映像クリエータ ジャーナリスト。
【注記】
文献あり 索引あり
【要旨】
「それまでまったく存在していない技術」はいかにして巨大産業に発展したのか?コンピュータ・グラフィックスという巨大なイマジネーションをカタチにしたパイオニアたちの仕事を紹介。CG、映像技術、VFX、IT技術、グラフィック・デザイン、モーション・グラフィックス、アニメーション、立体3D映像に興味のあるすべての学生、ファン、プロフェッショナル必見。
【目次】
1 1940’S→1960’S―CGの2つの源流 抽象アニメーションと軍事技術(モーション・グラフィックスの元祖:ウイットニー兄弟の活躍;軍事研究とCGの誕生 ほか);2 1960’S→1970’S―映画の特撮とCG ハリウッドVFXの源流(グラフィック・フィルムズ社の活躍;ハリウッドの特撮革命);3 1970’S→1980’S―実用化に向かうCG 表示技術の飛躍的発展(ユタ大学における3DCG研究;ゼロックス・パロアルト研究所);4 1980’S→1990’S―CG産業の苦悩 理想と現実のギャップ(トリプルアイ;ニューヨーク工科大学 ほか);1990’S→20××―安定と繁栄の時代 頂点に向かうCG技術(3DCGソフトウェアの市販;リズム&ヒューズ・スタジオ ほか)
【ISBN】
978-4-8459-0930-8 4-8459-0930-8

Holding information 2records
1record-2record
2042578412
保土谷
727 / 

書架
公開

2042590498
瀬谷
727 / 

書架
公開

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP