Material information
【タイトル】
長井健司を覚えていますか ミャンマーに散ったジャーナリストの軌跡
【著者名等】
明石昇二郎/著  ≪再検索≫
【出版】
集英社 2009.9
【大きさ等】
19cm 167p
【NDC分類】
289.1
【個人件名】
長井健司  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0209065197
【著者等紹介】
1962年東京都生まれ。85年東洋大学社会学部卒。87年「朝日ジャーナル」に青森県六ケ所村の「核燃料サイクル基地」計画をめぐるルポを発表。以後、フリーランスのルポライターとして活動。記事発表の主な舞台は週刊誌やテレビニュースなど。
【要旨】
現場にこだわり、現場で倒れた日本人ジャーナリストがいた。2007年9月27日、自由と民主化を求める民衆の中でミャンマー軍の銃弾に倒れた彼は、音楽を愛する、愚直で純粋で熱い男だった。
【目次】
起 ビルマに死す(日本人ジャーナリスト、撃たれる;無言の帰宅);承 ジャーナリスト誕生(「音ガク」が好きだった;自由人;目覚め;ワン・ステップ・アヘッド―もう一歩、前へ踏み出さないか;わがままな奴;自分の見たことだけが「事実」;突撃取材);転 「戦場」へ(「戦場に行きたいんだ」;「JCO事故」現場にまで突撃?;「ポー・ケンジ」;アフガン取材;伝えなければならないものが、そこにあるから;親切なジャーナリスト;「イラク報道」にも参戦;「わがまま」健司;「理解されない人々」への憐憫;「青春」健司、五〇歳に到達;「ビルマ」への関心;最後のメール;「死ぬ気で行きます」);結 さらば、健司(「決断」の結末;検証コラム 「サンダル履き」の謎;その思いを受け止めて)
【ISBN】
978-4-08-780531-4 4-08-780531-X

Holding information 1records
1record-1record
2043390018
中央
289 /ナ 

書架
5階(人文科学)

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP