Material information
【タイトル】
未決拘禁改革の課題と展望
【シリーズ名】
龍谷大学矯正・保護研究センター叢書  ≪再検索≫
【著者名等】
福井厚/編  ≪再検索≫
【出版】
日本評論社 2009.9
【大きさ等】
22cm 358p
【NDC分類】
327.62
【件名】
勾留  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0209066545
【著者等紹介】
法政大学大学院法務研究科教授。
【注記】
付属資料(CD−ROM1枚 12cm)
【目次】
序章 未決拘禁法の基本問題(未決拘禁の目的;未決拘禁の要件;未決拘禁の効果;今後へ向けて);第1章 身体不拘束の原則(「身体不拘束の原則」の意義;未決拘禁の代替処分;保釈決定手続の改革と保釈促進のための社会的援助;起訴前勾留と起訴後の勾留);第2章 捜査と未決拘禁(代用刑事施設問題の現在―2008年規約委員会勧告から;警察拘禁の極小化と被疑者取調べの在り方;警察拘禁の実際的意義);第3章 未決被拘禁者の権利保障(原則―「比例原則」を中心として;弁護人等以外の者との外部交通;弁護人等との外部交通と施設担当者の義務;未決拘禁における社会的援助);第4章 救済その他(不服申立て;留置施設視察委員会について);資料
【内容】
内容: 未決拘禁法の基本問題   後藤昭著
【内容】
身体不拘束の原則 「身体不拘束の原則」の意義   豊崎七絵著
【内容】
未決拘禁の代替処分   水谷規男著
【内容】
保釈決定手続の改革と保釈促進のための社会的援助   葛野尋之著
【内容】
起訴前勾留と起訴後の勾留   白取祐司著
【内容】
捜査と未決拘禁 代用刑事施設問題の現在   葛野尋之著
【内容】
警察拘禁の極小化と被疑者取調べの在り方   石田倫識著
【内容】
警察拘禁の実際的意義   豊崎七絵著
【内容】
未決被拘禁者の権利保障 原則   福井厚著
【内容】
弁護人等以外の者との外部交通   中川孝博著
【内容】
弁護人等との外部交通と施設担当者の義務   緑大輔著
【内容】
未決拘禁における社会的援助   斎藤司著
【内容】
救済その他 不服申立て   平田和一著
【内容】
留置施設視察委員会について   佐藤元治著
【ISBN】
978-4-535-51707-3 4-535-51707-X

Holding information 1records
1record-1record
2043378190
中央
327.6 / 

書架
4階(社会科学)

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP